スプーンの上にあるカプセルと葉
  • ホーム
  • 勃起不全を相談できずに悩む男性は多い

勃起不全を相談できずに悩む男性は多い

ストレスの多い現代社会では加齢によるものだけでなく若くても勃起不全を患う男性が増えています。
この勃起不全は男性にとっては大きな問題となる場合がありまず。
なぜならば、正常に勃起するということは、子孫を残すための性行為が行えるということです。
つまり、勃起できないということは男性としての役割を果たすことができない可能性があるからです。

このようにデリケートな問題であるために、羞恥心から勃起不全を相談できずに1人で悩む男性も少なくありません。
また、日常生活でストレスを感じている時や体調が悪い時などは一時的な勃起不全となる男性も多いので、勃起不全は一時的な症状として捉えられがちで、そのまま症状を放置してしまい、結果として症状を悪化させてしまうケースもあります。

では、勃起不全の自覚症状がある場合どのように対処すればよいのでしょうか。
勃起不全になる理由は様々であるため、1人で悩んでいてもなかなか改善方法を探り当てることが難しいだけでなく、1人で悩むことで余計にストレスを感じ、勃起不全を悪化させてしまうという可能性もあります。
ですから、もし自覚症状があれば、病院で専門家に相談することおすすめします。
なお、現在では勃起不全はEDの名で幅広く知られ、治療も一般化していますので専門の病院も増えてきています。

しかし、それでもやはり病院に行くことがためらわれるという人はまず同性の友人などに気軽に相談すると良いでしょう。
勃起不全に悩む男性は少なくありませんので、信頼できる同性の友人であれば何かよい解決策を知っている可能性もあります。
また、仮に友人から有効なアドバイスを得ることができなかったとしても、悩みは人に打ち明けることで、1人で抱えている時よりも精神的な負担を軽くすることができます。
相談しやすい相手というのは人それぞれですが、とにかく1人で悩まないことがEDの治療では大切だということを覚えておきましょう。

まずはパートナーに打ち明けることも大切

パートナーがいる男性にとって、パートナーは最も身近な存在の1人ですが、EDによってパートナーに嫌われるのではないかといった思いや羞恥心から、EDを相談しづらい相手の1人でもあります。
しかし、EDの自覚症状があれば、まずパートナーに打ち明けることも大切です。
なぜなら、セックスでパートナーを満足させなければならないという精神的なプレッシャーや特定のパートナーとのマンネリ化したセックスなどが勃起不全を引き起こしている場合もあるからです。
このような場合、本人とパートナー2人の問題になりますので、パートナーの協力を得ることがED改善に効果的でしょう。

実際にEDに対する意識調査では、彼氏や夫が勃起不全で一時的に性行為に支障をきたす状況であったとしても、ただちに関係を終わらせることを考えている人は少ないということがわかっています。
しかしながら、彼氏や夫がEDの治療に対して消極であれば、2人の関係を考えるといった人は多いという調査結果も出ています。

また、妊娠を求めるパートナーの言動が勃起不全を引き起こしている場合、勃起不全の当事者である男性だけが専門の病院に通っても、なかなか効果的な治療を受けることは難しいです。
しかしパートナーにEDを打ち明け2人で一緒に通院することで専門家からパートナーに直接、アドバイスをしてもらえるといったメリットもあります。

いずれにせよ、EDであることを隠し通すが最も難しい相手がパートナーで、もしEDを隠し通そうとするならばパートナーとの性行為を避け続けなければなりません。
このような状況が続くとパートナーは理由もわからないまま性行為を裂けられている状況になり、2人の関係が悪化したり終わりを迎えることは簡単に想像することができます。
まずはパートナーに勃起不全を打ち明けることも大切だと言えます。