スプーンの上にあるカプセルと葉
  • ホーム
  • シアリスジェネリックのタダリス・メガリス

シアリスジェネリックのタダリス・メガリス

日本で第三のED治療薬として認可されている薬・シアリスは、主成分タダラフィルが水に溶けにくく吸収されにくいことから最も持続時間が長いという特徴を持っています。
ゆっくりマイルドに最長で36時間も効果が続くため、服用者の9割以上に副作用が現れるという第一・第二の薬と違って副作用が出るとしても3割程度、安全性も高く使いやすいのです。
やはり新薬である以上はネックとなるのがお値段の高さです。

シアリスと同じ主成分を持ち効果効能も同じで、それでいて安い薬をと願うならおすすめはシアリスのジェネリック医薬品であるメガリスとタダリスです。
どちらもインドのムンバイに本拠地を持つ製薬会社で開発された薬です。
日本製でないと安全性に不安を持たれるかもしれませんが、どちらも従業員数は6000人以上、最新技術を持つ製造工場が複数あり、世界各国に拠点を持っていて世界中に製品の販売を行っているという大規模な製薬会社です。
WHOによる品質管理調査を受け、基準を満たしているとされており安全性には定評があるのです。

メガリスもタダリスもジェネリックであることから安価で提供され、シアリスの半額以下という安い値段で手に入ります。
試してみてはいかがでしょう。

安価かどうかと同時に安全性を重視する方であればシアリスの日本版ジェネリックを購入するのが一番なのですが、実はシアリスの特許期間はまだ切れていないため日本ではまだ作ることができません。
メガリスやタダリスは、正確にはインド製のコピー医薬品です。
インドでは製法特許のみで成分特許は認められていないため、同じ成分であっても製法の異なるメガリスは別の薬として世に出すことができるのです。

日本の法律では許されないコピー版である以上、メガリスやタダリスは日本では出回っておらず、今後も導入されることはないでしょう。
海外から直接、自身で手に入れるしかないのです。
処方箋が要らない分、病院までの交通費や診察費もかからず純粋に支払う金額は薬代のみで節約できます。
しかし、信頼できるサイトから入手しないと偽薬をつかまされる危険性はあります。

ジェネリック医薬品も主成分は同じ為効果は期待できる

インド版ジェネリックも、主成分は同じくタダラフィルです。
製法特許のみ認められているため、シアリスとは異なる製法で作られてはいるものの、効果に関してもほぼ同じだけ期待できるでしょう。
とはいえ、効き方には個人差があるため、製法が異なる以上はどれが自身に最も合うかは試してみないと分かりません。

いちおう、メガリスもタダリスも性行為の1時間ほどまえに服用し、そこから24時間から36時間は効果が持続するはずです。
副作用も同じく服用者の3割程度に顔のほてりや頭痛といった症状が出てくるでしょう。
ただ、添加物がより多く含まれているタダリスの方がメガリスよりも副作用のリスクは高いとされています。

どちらも同じ成分・似た効果を持つ薬ですが、錠剤の大きさに違いがあります。
メガリスは直径9mm程度、タダリスはその倍のサイズとなるのです。年齢を重ねてからの服用は特に困難に感じるかもしれません。
とはいえ、大きければその分、ピルカッターなどを持ちいて分割しやすいという利点があります。
成分をそのまま摂取するのか・半分にして服用することを考えているのか、飲み方を基準にどちらか選ぶこともできるのです。

信頼性も厚く、日本の法律で守られているのはシアリスです。
とはいえ性行為を行うたびに高い値段の薬を使うのは気が引けるというのであればインド製のコピー版医薬品でも信頼できる製品を選べば同じように安全に効果効能を得ることはできるのです。
あとは、タダリスとメガリス、それぞれのちょっとした違いや特徴を知った上で最終的にはどちらも試して自身に合うものを選び出しましょう。
海外から取寄せるとはいえ、手続きを代行してくれる業者がいるため、通販で手に入れるのと同じように手軽です。